クリップと二等辺三角形
筆者も読者も変態ブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ねぇ、夢の世界に連れて行ってよ。
いつまでも童心を忘れない人間でありたい。

こんばんは、ラキです。


Click Here!!

↑英語にしたことに特に意味はない↑


このブログのディープな読者さんは知っていると思いますが(笑

私、ラキは

シャボン玉が好きです。

だって楽しいじゃないか!

まぁ、シャボン玉が好きなのはこの記事読めばわかるかもしれませんが

まぁ、大学生になって大学構内でシャボン玉しようなんて奴は

あんまりいないと思ってますけどね、自分でも。


小学生の頃から、

同じマンションに住んでいたるぅとよく2人で

シャボン玉をしていて、それがすごい楽しかった思い出で

それがあるからたぶん今もシャボン玉が好きなんだと思います。

(るぅについてはこの記事参照)


私は、どんなに大人になっても童心を忘れない人間でありたいです。

子供時代に思い出に縋りつくつもりはありませんが、

小さな時の楽しかった思い出を

「小さかった時なんであんなバカなことしてたんだろ」

って思うようにはなりたくないです。

楽しかった思い出にはきっと意味があるし、

いつかその事が何かに役立つかもしれない。

自分に子供ができた時でもなんでもいいけど、

小さい子と何か共有できるかもしれない。


それに、幼かった時みたいに戻って

思いっきりハメを外したりするのって

ストレス社会に生きる大人(笑)としても、

いいストレス発散になるんじゃないかなぁー、って思うんですよね。

実際、

高校3年生のクラスマッチの空き時間に

クラスの友達とシャボン玉をしたのはすごくいい思い出だし、

受験で煮詰まりそうな時にすごくいい気分転換になりました。


シャボン玉きれいだし、わいわいやるのってすごく楽しいですよね。


だから、その時に

「シャボン玉とかやって何歳だと思ってんの?」

って言われてすごく悲しかったです。

あれはたしかに対象年齢は書いてあるけど

年齢に上限なんてないんだからっ!(涙


何かの偏見で物事をセーブするのも考えものですね。


まぁ、いいんだ。

言いたいのは私がシャボン玉が好きだってことなんだから。



で、何が言いたいかって言うと(前置き長い!(汗))

今日は姉と2人で


バブルショーに行ってきました。

これね


母がとってくれたチケットだったので、

よく知らないままだったのですが、

(基本的にこういうことは受動的)

最初は「シャボン玉だしねー、飛ばすだけじゃないの?」

って思ってたんですよ。


でもね、今日ショーをみて思った。


シャボン玉はアートなんだ!って。


スポットライトとか光の効果も強力なバックアップであったことは

確かなんですが、それ以上に

シャボン玉すごい。って思いました。

いや、シャボン玉すごいっていうか、

ショーをやってるファン・ヤンがすごいんですが(笑


いや、マジ、「シャボン玉とか子供のお遊び(嘲笑」とか言ってるやつの

顎に順番にアッパー食らわしていかなきゃいけないくらい

あれはアートでした。

ちなみに写真撮ってOKっていうめずらしいショーだったので

(たぶん子供が多いショーだったからでしょう)

撮ってきました。


ムーディー。


なんていうかすごいムーディー(笑

ホントに子供から大人までばっちり楽しめるショーでした。

分類的に自分が大人になるか子どもになるかはわかりませんが(笑

19歳って子供かな?大人なのかな?(汗

小さい子から見たら大人だろうし、

大人からみたら子供でしょうしねぇ。

まぁ、それはおいといて(汗


ショーは私的には大変楽しめました。

すーっごい奇麗でしたよ。

思わず「うわぁー」ってホント子供みたいに驚いたりしました(笑


で、終わってから姉が

「微妙だったー」とか言ってたんですよ。

でもね、私知ってるんです。


姉が

私以上に感嘆の声をあげていたのを。


ショー中何か起こるたびに「うわぁー」とか「すごーい!」とか

声を上げたいたのは私の姉です(笑


なんだかんだで2人とも楽しめました。

ただ難点は子供が多すぎてお行儀が悪い子が目立ったことですね。

ホントにお行儀のいい子はお行儀よく楽しんでるのですが、

行儀の悪い子はとこっとん周りに迷惑でした。

しかも、そういう子供に限って親って全然注意しないんですよね。

ただ、微笑んで見守ってんの。


微笑むな!(怒


ちゃんと怒ることができる大人になりたいですね。


あ、ちなみにちゃんと怒れる親もいました。

ショーの最中に

泣いている子供を外に引きずり出す母親

とかもいました。




それはそれで迷惑ですが(笑



日本もアメリカみたいに子供にハーネスつければいいのにね。

日本では迷子紐と呼ぶようですが。

安全だし何より他の人の迷惑にならないよなぁー、と思うのですが、

実際日本で使うのは「可哀想・・・」って目で見られて使いにくいかも。


まぁ、ちょっとそんなことを考えてしまうショーでもありましたが(笑

非常に面白かったです。


え?お前は小さい頃そういう場所でおとなしかったか、だって?

当り前じゃないか!

うちの親怖かったもの!(涙

そういうしつけは一段と厳しかった気がします。

今は感謝していますが(笑

こういう事ってきっとあとになって生きてくるんでしょうね。


それでは、明日はクラスの友達と遊んできます★

本日はこれにて!


只今接戦!今日も応援感謝!

↑皆のおかげで好位置です!ほんとありがとう!ランキング↑


↑こっちも頑張る!ランキング↑
スポンサーサイト
【2008/10/25 19:41】 | 徒然 | TB(0) | CM(3) |
<<10代の女の子にありがちな。 | ホーム | 知りたいひみつ。>>
コメント
また見させていただきました!
応援ポチッ!!!
【2008/10/26 14:25】 URL | サトシ #-[ 編集]
シャボン玉綺麗ですもんねー。
可視光の干渉縞とか。
しかしなんだかラキさんいつもより暴力的ですねー。
なんかあったんですか?
あと微妙な年頃の人には、若者という言葉が似合うと思います。

僕は一時期ビニール風船にハマってました。
手で触っても割れない丈夫さに感動したものです。

子供のしつけはちゃんとしないとですよねー。
人の迷惑考えられるようにならないと。
僕は割と中学生ぐらいまでそういう場所で行儀が悪かったので、思い出すと若干記憶を全部消したくなります。
【2008/10/26 14:58】 URL | 葉桜 #-[ 編集]
>サトシさん
あざーっす。

>葉桜さん
そうですよねー。干渉縞だ、確かに。
シャボン玉の色ってシャボン玉の膜の厚さに関係するそうですね。
ってことは、屈折率とか、光の波長とかそんな感じのものが関係してくるのでしょうか。
確か、膜が厚い方がより、青色に近くなるって言ってた気がしますが。

別にそんな荒れてないと自分では思うのですが・・・。
まぁ、隣に座ってたガキが行儀悪かったのに腹が立ったのは事実ですが…。
ホント子どもの躾は親の義務だと思うんですけどねー…。
【2008/10/30 23:56】 URL | ラキ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://triclip.blog84.fc2.com/tb.php/400-45da3087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ラキ

Author:ラキ
関東某大学工学部生ラキ(♀)です。
よろしくお願いします。
詳しいプロフィール。
当サイトについて。
本棚
過去記事のまとめはこちら。
その①その②
その③その④

カウンタ

カレンダー


08 ≪ 2017/0910
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

©Plug-in by ASIA SEASON

最近の記事

ランキング

何かありましたらこちらに。

名前:
メール:
件名:
本文:

あわせて読みたい。

あわせて読みたいブログパーツ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

そらジロー

カテゴリー

RSSフィード

アクセス解析中

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。